府知事・府議会への要望書提出

5月10日、5月29日に大阪府議会と大阪府知事に対し「北朝鮮ミサイルに備えた避難訓練等実施を求める要望書」を提出して参りました。

 

先日5月29日は早朝に北朝鮮ミサイルが発射され、日本のEEZ内に落下した日でもありました。

 

北朝鮮の軍事拡張並びに挑発的行動は加速するばかりです。

 

これに対し日本の防衛策は非常に薄く、

現状では実質的に「自分の身は自分で守る」しかない状況となっております。

 

ここで重要となるのが

国民を守るための警報システムである「Jアラート」ですが、機能するのか疑問の声も聞かれます。

 

内閣官房の発表では

Jアラートは「北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合に」使用するとされています(①)。

 

また続いて

「弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合には、続報として直ちに避難を呼びかける」とされています(②)。

 

①の発表を見ると「日本に飛来する可能性」をどこで判断するのかがよくわかりません。

②の避難勧告基準に「領土・領海」とあるので、それよりも広い範囲であることは予想できますが、それがEEZを含む範囲であるならば、Jアラートは機能していないことになります。

 

国民の生命・安全・財産に大きく関係することにも関わらず、不明瞭なことが多いように感じます。

 

法整備に時間がかかるのであれば、

政府・自治体は今できる最低限のことだけでも進めるべきではないでしょうか。

 

早急にシステム機能についての信頼性を説明し、避難訓練等の地域対応も同時に進めて頂きたいと思います。

幸福実現党 大阪府本部 副代表

数森 けいご

早稲田大学社会科学部卒業後、大手鉄鋼専門商社を経て、HS政経塾に入塾。中小企業支援政策を研究。

ラジオ番組「数森圭吾のハッピージャパン」メインパーソナリティー[ラジオ大阪(1314khz)]

毎週金曜日 20:45~21:00